コピー機の選び方

オフィスで使用する中古コピー機を選ぶにあたり、大切なポイントとは、印刷能力やスピードが仕事で使う量に適しているかどうかになりますので、高いものだから良い、印刷速度が速いから良い、という基準で決めることはできないということを理解する必要があります。そこで判断基準となるものは、オフィスでの月間印刷枚数を算出したものになります。コピー機の価格の差は、速いものは高額になり、遅いものは低価格となるというように、印刷スピードによって違いが出てきます。オフィスでの月間印刷枚数にあったコピー機ではない場合には、高い料金を払って、使い切れない機能のあるコピー機を導入したり、その逆で、低価格で必要としているスペックに満たないコピー機を導入してしまい、仕事の効率に影響を与えてしまうという事態になってしまいます。

予算にあった商品を買うことも大切ですが、まずはオフィスでの月間印刷枚数を予測して、その枚数に見合った性能を持つ中古コピー機を探すようにしましょう。値段で決めてしまうともったいない、あるいは仕事に差し支えることがあるということを覚えておきましょう。オフィスを新しく立ち上げる際、沢山の作業が待っていますが、コピー機の導入について、ぜひ参考にしてください。

中古購入のメリット

コピー機や複合機の中古購入におけるメリットとは、新品購入よりも格段に低い価格でほぼ同等の機能を持つ商品を購入できる点にあります。また、長期的に利用することを考えると、購入後に必要な費用は消耗品のみとなりますので、リースよりも割安になります。もちろん、中古コピー機とはいえ、購入すれば会社の所有物となりますので、買い替えたくなった場合には自由に買い換えることもできますし、再度中古として買取りしてもらうことも可能です。中古コピー機は新品とは違い、ある商品の中から選ぶ必要がありますが、その分納品は即納も可能、また、タイミングによっては新品同様の商品が出回っていることもあり、安い費用で新品のようなコピー機を導入することができます。

新品購入よりも安く導入することができ、必要な費用はトナーやインクカートリッジ、コピー用紙等の消耗品のみ、また長く使用するのであれば、リースよりも総合的に安くなりますので、オフィスでずっと使用することを考えれば、中古コピー機の導入は大きなメリットがあると言えます。購入方法についてまだ悩んでいる場合には、社内で利用する社員の方とよく話し合いをして検討されることをお勧めします。

コピー機の導入方法

複合機やコピー機はオフィスを立ち上げるにあたり、必要不可欠なものです。家庭用機器を購入するという方法もありますが、会社で使用する機能を満たすものは少なく、また出力や動作の速さが遅い場合、仕事にも影響を与える可能性があり、結果的には損失となってしまうこともありますので、会社の業務内容に合わせたスペックをしっかりとカバーする機器を導入するようにしましょう。

まず新品商品を購入する方法ですが、新品ですので自由に機種を選ぶことができる上、性能的には最も良いものとなります。しかしながら、初期費用はかなり高額になってしまい、複数台の導入が必要な場合には百万以上かかるケースもあり、費用面でのデメリットは大きなものとなります。

また、リース契約をしての導入ですが、初期費用だけで考えれば、大変安く抑えることができる上、所有権は自社にない為、事務的手続きが簡単というメリットがありますが、メンテナンス費、手数料等を考慮すると、長期的にみて使用料は割高になってしまう可能性があります。また、長期契約の途中に解約するには解約費が発生しますので、途中で別の機種に変えたいと思っても変えるには容易ではないというデメリットがあります。

中古コピー機の導入

オフィスにおいて、複合機やコピー機等のオフィス機器はいまや仕事に欠かせないものとなっています。しかしながら、新しくオフィスを構えるにあたり、事業主の方はあまり初期費用をかけたくない、あるいは運用資金に回したいと考えることが普通です。一般的に、オフィス機器を導入するにあたり、その導入方法はいくつかあり、それぞれオフィスの状況によって適切な方法は異なりますので、オフィスにとってどの機能が必要か、どこまでのスペックが必要か、台数や費用面の条件、事務的な負担、経理上の扱い等を考慮して決定することになります

それぞれにメリット・デメリットがありますが、新しくオフィスを立ち上げる際にはしなければいけないことが山のようにあり、オフィス機器について考える時間がなく、頭を悩ませる方も多くおられることでしょう。オフィス機器だけではなくオフィス家具、内装等、準備にかかる費用はかなりの額になります。銀行から借入れた運用資金は大切に使いたいと考えるのが当然です。できるだけ初期費用を抑えた上で、その後の扱いも楽に導入できる方法の一つとして、中古コピー機の購入で導入する方法があります。もちろん、中古ではなく、新品を購入する、あるいはリースでの導入という方法もありますので、これらを比較して考える必要があります。ここでは、この3パターンの導入方法を比較しながら、中古コピー機をお勧めする理由等を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。