中古コピー機の導入

オフィスにおいて、複合機やコピー機等のオフィス機器はいまや仕事に欠かせないものとなっています。しかしながら、新しくオフィスを構えるにあたり、事業主の方はあまり初期費用をかけたくない、あるいは運用資金に回したいと考えることが普通です。一般的に、オフィス機器を導入するにあたり、その導入方法はいくつかあり、それぞれオフィスの状況によって適切な方法は異なりますので、オフィスにとってどの機能が必要か、どこまでのスペックが必要か、台数や費用面の条件、事務的な負担、経理上の扱い等を考慮して決定することになります

それぞれにメリット・デメリットがありますが、新しくオフィスを立ち上げる際にはしなければいけないことが山のようにあり、オフィス機器について考える時間がなく、頭を悩ませる方も多くおられることでしょう。オフィス機器だけではなくオフィス家具、内装等、準備にかかる費用はかなりの額になります。銀行から借入れた運用資金は大切に使いたいと考えるのが当然です。できるだけ初期費用を抑えた上で、その後の扱いも楽に導入できる方法の一つとして、中古コピー機の購入で導入する方法があります。もちろん、中古ではなく、新品を購入する、あるいはリースでの導入という方法もありますので、これらを比較して考える必要があります。ここでは、この3パターンの導入方法を比較しながら、中古コピー機をお勧めする理由等を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。